ファシリテーションにおけるファシリテーターの役割

ファシリテーターとは

ファシリテーターとは

ファシリテーター

会議やプロジェクトの推進において、中立な立場を保ち、議論の交通整理をして参加者の能力を引き出し、舵をとる役割を担うひとをファシリテーター(Facilitator)と呼びます。

 

ファシリテーターは決定権を持たないという点で、会議における議長のような存在とは大きく違っています。

 

あくまで、知恵とやる気を引き出す、コミュニケーションの場を創造し、中立な立場でプロセスを管理する役割となります。

 

 

「聞く力」が重要

会議のまとめ役と意味合いが強いファシリテーターに的確な人物像は「話がうまい人」がまず頭に浮かぶのではないでしょうか?
残念ながら答えはYesではありません。ファシリテーター自身はあくまで中立を守ることが重要です。自分の意見を主張することよりも、広く公平に意見を吸い上げることが何よりも重要となります。
そのためファシリテーターの役割を担うには、まず第一に「聞く力」が重要となります。



ホーム
ファシリテーションとは ファシリテーターとは 場のデザイン 議論の活性化